レンタルスーツケースは大きさで選ぼう!

投稿日:2017年12月31日 更新日:

レンタルスーツケースは大きさで選びましょう。スーツケースのレンタルサービスには様々な大きさのスーツケースが存在します。そのため自分自身に最も適したスーツケースがどれなのか悩んでしまうことがよくあります。その際はどうやってレンタルするスーツケースを決めればよいのでしょうか。

スーツケースのレンタルサービスの大きな魅力は、その時の旅行や出張に応じて自分に最適なスーツケースを選ぶことができる点です。しかしながら、スーツケースの選び方を間違ってしまうと、このようなメリットを享受することができません。

スーツケースは大きすぎても取り回しがききにくく不便ですし、小さすぎるとそもそも必要な荷物すべてを詰め込むことができなくなります。そのためスーツケースを選ぶ際は、自分に最も適したものを慎重に選ぶ必要があるんです。

スーツケースの選び方には様々な基準がありますが、今回はスーツケースの大きさからレンタルする商品を選ぶ方法を紹介します。前述したとおり、スーツケースを選ぶ際は目的に最適な大きさのものを選ぶのが快適に旅行や出張を楽しむためのコツです。大きさというものはスーツケースを選ぶ際のひとつの大きな基準となるのです。

 

 

0泊~3泊】期間別スーツケースレンタルの選び方!

はじめに、スーツケースを利用した旅行や出張が0泊から3泊である場合の大きさの選び方について考えてみましょう。大は小を兼ねるという言葉がありますが、スーツケースに関しては必ずしもそれは妥当しません。

それは旅行や出張においてスーツケースは移動の際に持ち歩くものであり、荷物が少ないのにスーツケースが大きいと不便を感じることが多いためです。また荷物の量に対してスーツケースが大きすぎると、詰めた荷物が移動の際にスーツケースの中でバラバラになってしまいます。せっかく綺麗に詰め込んだのに、スーツケースを開いてみると荷物がぐちゃぐちゃになっていて落胆するわけですね。

そのため、旅行や出張の際は自分の持ち物に適した大きさのスーツケースを選ぶ必要がありますしかしながら、あまりにギリギリの容量を選んでしまっても旅先で荷物が増えた際に不便であるため、必要なものを詰めても若干の余裕があるスーツケースを選ぶようにしましょう。

そうすることで、旅先で購入したものもスーツケースに入れることができ、移動時に不便を感じることなく帰宅することができます。 0泊から3泊の場合に必要な容量は以下の範囲がお勧めです。

容量:30リットルから40リットル

大きさの目安:縦55cm、横40cm、奥行20cm

非常にコンパクトなサイズであり、航空会社によっては機内への持ち込みも可能となります。3泊であっても不便を感じることなく旅行や出張ができるでしょう。

 

 

4泊~7泊】期間別スーツケースレンタルの選び方!

4泊から7泊は、スーツケースを利用した旅行や出張として最もよくある日程です。しかし、この泊数に必要なスーツケースを選ぶ場合、ひとつ重要な点に注意しなければなりません。それは、旅先で洗濯が可能かどうかです。

例えば7泊の旅行の場合、旅先で全く洗濯ができないような場合は、7泊分の衣服を持っていく必要があります。デニムやコートは着まわすとしても、下着・靴下・インナー類を7泊分持っていくとなると、それなりの量となります。

一方で、旅先で比較的自由に洗濯ができる場合は、必ずしも7泊すべての日数に必要な衣服を持っていく必要はありません。そうするよりは最低限の衣服のみを持って行き、旅先で洗濯を利用して清潔に着まわすのがお勧めです。最低限のものが揃っていれば、万が一の際には旅先で衣服を買って急場をしのぐこともできます。

そうすることで荷物をグッと抑えることができます。つまり4泊から7泊の旅に必要なスーツケースを選ぶ際は、宿泊する施設に洗濯設備がどの程度充実しているかを検討する必要があります。また、4泊から7泊の日程の場合、海外旅行も視野に入ってきます。海外旅行では、国内旅行ほど宿泊施設の設備が充実していないことが多々あります。

そのため、下着や衣服の量にも余裕をもつことがお勧めです。また、海外旅行でお土産をよく買う人であれば、それだけスーツケースの容量も大きくしていく必要があるでしょう。このように宿泊施設の設備やどのような旅行をするかにより選ぶべきスーツケースの容量が大きく変わるのが4泊から7泊の日程です。

4泊から7泊の旅行・出張の際のスーツケースの容量は以下のものがおすすめです。

容量:45リットルから70リットル

大きさの目安:縦70cm、横50cm、奥行25cm

 

 

8泊~】期間別スーツケースレンタルの選び方!

旅が8泊を超える場合、スーツケースはかなり大きなものとなってきます。また、このような長期の旅にはやはりレンタルスーツケースのサービスが非常におすすめとなってきます。それは、手持ちのスーツケースだけで長期間の旅行に対応しようとすると、スーツケースが複数に分かれてしまうことがあるためです。小さなスーツケース2つを持って旅行するというのは非常に不便なものです。

そのため、長期の旅行の際はスーツケースレンタルを利用して、大型のスーツケースを借りるのが最も適切でしょう。また4泊から7泊の日程と同様ですが、長期旅行の際も宿泊する施設でどの程度洗濯ができるかが衣服の量を決める際に非常に重要となってきます。そのため、スーツケースの容量を選ぶ前に、まずは宿泊施設で洗濯が可能かどうかをチェックしてみましょう。洗濯が可能であれば、8泊以上になろうとも、衣服の量は4泊から7泊のときとほとんど変わらずに済ますことができます。

一方で8泊以上の旅行で宿泊施設で衣服を洗濯することができない場合は、大きなスーツケースをレンタルしても衣服で容量の大部分が埋まってしまうことがあります。そうするとお土産をスーツケースに入れて持ち帰るといったことも難しくなる場合があります。その際は、お土産は現地ですべて自宅に向けて発送するのがおすすめです

はじめからお土産をスーツケースに入れないと決めておくことで、レンタルするスーツケースを少しでも小さくできると、旅行の際の移動がしやすくなります。8泊以上の旅行に使いやすいスーツケースの容量は以下のとおりです。

容量:75リットル

大きさの目安:縦80cm、横60cm、奥行30cm

 

 

自分の身長にあったスーツケースレンタルの選び方!

また、スーツケースを選ぶ際に宿泊日数と同程度重視していただきたいのは、あなた自身の身長の高さです。もしも自分自身の身長に合わないスーツケースを選んでしまった場合、旅先の移動が非常に不便になります例えばあなたの身長が非常に低いのに大型のスーツケースを選んでしまった場合、腕を持ち上げてスーツケースを引いていく必要があるため、腕や肩に大きな負担がかかります。

一方で、あなたの身長が非常に高いにもかかわらず小型のスーツケースを選んでしまうと、スーツケースを引く際にスーツケースが地面に対して垂直に近くなるため、足などにぶつかる場合が多くなってしまいます。また、混み合った場所では、スーツケースの取っ手を伸ばさずにスーツケースを引くことが多くなります。その際も身長の高さとスーツケースの大きさが合っていないとストレスを抱えかねません。

そのため、スーツケースを選ぶ際は、スーツケースの高さとあなたの身長を加味して大きさを選びましょう。レンタルする前にスーツケースが販売されている場所に行き、スーツケースを引いてみて使いやすさと大きさの関係を把握することができると完璧です。人によって楽に感じる姿勢は違いますので、自分が使いやすいスーツケースの大きさのイメージを頭の中に作りましょう。


 

機内持ち込みのメリット・デメリット!

スーツケースを機内に持ち込む場合のメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

一般的にはスーツケースというと機内に持ち込まずに、飛行機の収納スペースに預けてしまうことが考えられますが、小型のスーツケースであれば機内に持ち込むことが可能です。機内に持ち込むことのできる荷物のサイズについては、航空会社によりそれぞれ規定がなされています。

スーツケースを機内預ける場合のメリットとデメリットについては下記に記載しますので、それも踏まえてレンタルするスーツケースの大きさを決めてください

スーツケースを機内に持ち込むことのメリットには以下のようなものがあります。

・空港で保安検査場を通る前に、カウンターで荷物を預ける手間がなくなる

・飛行機が着陸した後、列に並んで荷物を受け取る時間を短縮することができる

・スーツケースの中に機内で使うためのパソコンやその他の電子機器を入れておくことができる

・短期間の旅行であればスーツケースにすべてを詰めることができ、荷物が1つで済む

反対にスーツケースを機内に持ち込むことのデメリットは以下のようなものがあります。

・スーツケースの大きさに制限がかかるため、旅先に持っていく荷物の量が減る

・爪切りやカミソリなどの生活に必要なものであっても機内に持ち込むことができないため、スーツケースの中に入れることができない

 

 

飛行機の預け荷物の制限には要注意!

以上のように選ぶスーツケースの大きさによっては、スーツケースを手荷物として機内に持ち込むことができる可能性があります。小型の旅行であれば、スーツケース1つにすべての荷物を詰めて機内に持ち込むことができると、移動が非常に楽になります。

旅行のストレスをなるべく軽減するためには、荷物を小さくすることと、空港での待ち時間を減らすことが重要です。小さなスーツケースにすべての荷物が入った場合、複数のカバンを持つことのストレスから解放され、フライト後に飛行機に預けた荷物の受取を待つ時間も短縮されるのです。

しかし、スーツケースを機内に持ち込もうとする場合、飛行機の預け荷物の制限に注意する必要があります。どの程度の大きさの荷物を機内に持ち込むことができるかについては、航空会社により違いあがります。機内に持ち込むことができる荷物については、多くの場合、三辺合計、重さにより制限がかかります。

制限を超えた大きさの荷物は機内に持ち込むことができず、飛行機に預けなければなりません。以下、代表的な航空会社の手荷物の大きさの制限を表にまとめましたので、1つの参考としてください。また預けることのできる手荷物の大きさは不意に変更される恐れがありますそのためスーツケースをレンタルする前に各航空会社のホームページで機内に持ち込むことができる荷物の大きさをチェックしてください。

航空会社

重量(kg

三辺合計(cm

日本航空(JAL

23

203

全日空(ANA

23

158

ハワイアン航空

11.5

114

マレーシア航空

30

-

中国国際航空

23

203

ブリティッシュエアウェイズ

23

208

ターキッシュエアラインズ

20

-

最新の情報は各社ホームページを参照してください

スーツケースレンタルのおすすめランキング!

アールワイレンタル

アールワイレンタルはスーツケースレンタル会社の中で最も価格が安い会社です。

高級スーツケースブランドのリモワなどのスーツケースが200種類以上あるので、自分に合うスーツケースを見つけることができます。

レンタルの流れも非常にわかりやすいので、スーツケースを初めてレンタルする方はアールワイレンタルがおすすめです。

DMM.com

DMMは動画サービスが有名ですがスーツケースレンタルもしております。

DMMスーツケースレンタルはスーツケース以外の様々な旅行用品を合わせてレンタルでき、レンタルする度にDMMポイントが溜まるのが特徴です。

スーツケースレンタル業界の中では有名な会社なので、安心安全で口コミが良いです。

トラベル館

トラベル館はスーツケースレンタル業界の中でも老舗の会社なので、コアなファンが多いサイトです。

トラベル館の特徴は、旅行前日にスーツケースを自宅に届けてもらったとしても、旅行当日から料金が発生するので1日分お得になります。

また、電圧・電源プラグなどの細かい旅行用品も取り揃えているため、旅行先に合わせたレンタルが可能です。

-スーツケースの選び方

Copyright© スーツケースレンタルのおすすめ比較! , 2018 AllRights Reserved.