レンタルスーツケースは種類で選ぼう!

投稿日:

レンタルスーツケースには様々な種類がり選び方が異なります。スーツケースレンタルのサービスを利用するのであれば、自分に最も適したスーツケースを選びたいものです。

スーツケースを使う目的は様々ですので、あなたの旅に応じた種類のスーツケースを選ぶことは非常に重要です。

スーツケースが大きすぎても移動の際のストレスとなりますし、スーツケースが小さすぎると旅に必要な荷物を詰めることができなくなってしまいます。そのため、スーツケースを選ぶ際に容量というものが1つの重要なポイントとなります。

しかしながら、スーツケースを選ぶ際はそれ以外の要素についても注目するべきです。今回は素材などにより異なる種類のスーツケースの選び方を紹介します。一見するとどれも同じように見えるスーツケースですが、以下のように様々な違いによって使いやすさが変わってくるのです。

せっかくスーツケースのレンタルサービスを利用するのであれば、自分に最も適したものを選びましょう。

 

 

スーツケースとキャリーケースの違いとは!?

スーツケースという言葉とキャリーケースという言葉の違いをご存知でしょうか?どちらも旅行の際に荷物を詰めて運ぶためのカバンを指しますが、厳密には両者は種類の違いが存在します。スーツケースとは当初は現在のもののようにキャスターが付いていませんでした。

昔のスーツケースとは、その名の通りスーツを入れるカバンでした。そのため、男性のスーツが形を崩さずに入り、それでいて手持ちで運ぶことができるものがスーツケースとして売られ始めたのです。

その後、1972年に有名なスーツケースのメーカーであるサムソナイトの総代理店だった日本のスーツケースメーカーであるエースがキャスター付きのスーツケースを発売しました。

当時はまだスーツケースは横に長い形状をしており、その底面にキャスターが付いていたのです。その後、スーツケースは縦型に変化し、今の形になったのです。このように、スーツケースは、当初はあくまでスーツを入れるためのケースであり、キャスターが付いているか否かは関係がありませんでした。

これに対して、キャリーケースは初めから車輪がついたカバンとして登場しています。しかし現代においては、スーツケースについてもキャリーケースについてもどちらもキャスターが付いているため、両者に大きな違いはなくなっています。

強いて言うのであれば、カバンの中にスーツを美しく収納するスペースがあるか否かがスーツケースとキャリーケースを分けることになります。

 

 

車輪のキャスターは2輪・4輪のどちらがいい!?

レンタルのスーツケースのほとんどにはキャスターが付いています。キャスターがあることによってスーツケースを地面に置いたまま引っ張ることができ、移動が楽になるのです。しかしながらキャスターの数は2つ付いてるものと4つ付いてるものの2種類があります。

これらはどのような違いをもたらすのでしょうか。はじめにキャスターが2つのスーツケースについては、キャスターを転がす際にスーツケースを斜めに傾けなければならないといった特徴が存在します。スーツケースの取っ手をひきのばし、それを引っ張る形でスーツケースを運ぶ形でなければ自由に引っ張ることができないのです。

これに対してキャスターが4つあるスーツケースは、取っ手を伸ばさずとも運ぶことができます。たとえば混雑する場所においては、スーツケースの取っ手を伸ばして斜めに傾けて引っ張ると、他の人の邪魔になってしまう場合があります。その際は、自分自身の横にスーツケースをピタリと並べて引いていくことで人の邪魔になりません。

こういった使い方ができるのが4輪のスーツケースです。キャスターが4輪と2輪のスーツケースのどちらが良いかについては、4輪のスーツケースの方がどんな状況にも対応できるためお勧めとなっています。しかしながら車輪の数よりはスーツケースの容量等の方が大切な条件となります。キャスターの数は最終的な要素として選ぶのがお勧めです。

 

 

【ハードケース】種類別スーツケースレンタルの選び方!

レンタルスーツケースを選ぶ際に1つの選択肢となるのが素材の硬さです。スーツケースにはハードケースのものと、ソフトケースのものが存在します。ハードケースの素材としてはアルミニウムなどが代表的です。素材が金属で出来てることが多いため、スーツケース自体も頑丈になるのがハードケースの特徴です。

また空港などでよく見る光景だと思いますが、スーツケースを椅子にして座ることができるのもハードケースの特徴です。しかしながら、よく見る光景ではあるものの、スーツケース自体は椅子にすることを目的として作られていません。それはスーツケースの素材が金属であっても変わりはありません。そのため、スーツケースをレンタルする場合は、その上に座らないようにするのが良いでしょう。

ハードケースのデメリットとしては、ソフトケースのものに比べて重さがあるという点が挙げられます。これは金属などが素材に使われている以上仕方のないことですが、非力な人は大型のハードケースのスーツケースを利用すると移動に困難が生じる恐れがあります。

しかしながら、昨今の素材はハードケースと呼ばれるものであっても、一昔前ほど重くありません。そのため、スーツケースの重さについてはそこまで神経質になる必要はないでしょう。

 

 

【ソフトケース】種類別スーツケースレンタルの選び方!

素材が金属ではなく化学繊維で作られている種類のソフトケースは、子供や女性に非常にお勧めです。ハードケースのものに比べて軽くなる傾向があるので、力が弱くても取り回しがしやすいためです。一方で、ソフトケースの頑丈さはハードケースに比べると低くなってしまいます。

空港で飛行機に荷物を預ける場合、スーツケースが乱雑に使われることも少なくありません。そのため、ソフトケースのもの選んだ際は、スーツケースの中に壊れ物や貴重品を入れることは絶対に避けましょう。外からの衝撃がそのまま荷物に伝わってしまう恐れがあるため、スーツケース自体が壊れなくても、衝撃で中の物だけが壊れてしまうといった場合があるためです。

またソフトケースのものは腰をかけないように気をつけてください。そもそもスーツケース自体が腰をかけるために作られていないものがほとんどです。特にソフトケースは人間の体重を支えることができるほどの強度を有していないため、腰をかけるとスーツケースが壊れてしまう恐れがあります。

 

 

【ファスナータイプ】種類別スーツケースレンタルの選び方!

レンタルスーツケースはどのようにして開け閉めをするかについても異なった種類が存在します。スーツケースをファスナーで開閉することで開け閉めするものをファスナータイプと呼びます。

このバスのタイプ麻子非常に増えてきてるスーツケースです。それは、フレームタイプと違ってスーツケースを囲むように金属の部品を使用しないため、軽さを追求することができるためです。

そのため、機内に持ち込む手荷物としても使いやすいスーツケースとなっています。またファスナータイプは スーツケースを開ける際に、1部のみを開けるといった使い方ができます。

そのため、スーツケースの上部に頻繁に取り出すものを入れておいて、上部のファスナーのみを上げてそれを使うといった使い方が出来るのです。これはフレームタイプにはないメリットです。

しかしながらファスナータイプのデメリットとしては、ファスナー部分から水がしみ込む恐れがあるといったものが挙げられます。また、金属フレームで囲まれていないため、外からの衝撃が中の荷物に伝わりやすいのもデメリットのひとつです。

 

 

【フレームタイプ】種類別スーツケースレンタルの選び方!

スーツケースの周囲を金属製のフレームで囲み、開閉する際にフレームごと開け閉めするのがフレームタイプと呼ばれる種類です。こちらのフレームタイプのスーツケースは、昔から使われているものでした。金属製のフレームでスーツケースを囲んでるため、ファスナータイプと比べると頑強性が向上しているのが特徴です。

また、ファスナータイプと違って荷物をパンパンに詰めてもスーツケースの形があまり変形しません。そのため急いでいる場合などは、とりあえず荷物を詰めて半ば無理矢理スーツケースを閉めることができます。さらに、金属製のフレームでしっかりと密閉されているため雨が降っても中に水が染み込みません。

またファスナーに比べるとフレームは耐久性が高いため鍵の部分が壊れるといった恐れも小さくなります。一方で、フレームタイプは金属をより多く使っていることからファスナータイプより重くなる傾向があります。また、開閉する時はいちいちスーツケースを寝かせて全開しなければなりません。

ファスナータイプのように一部のみを開けるといった使い方ができないのです。さらにフレームは金属であるといっても、強い衝撃があればフレーム自体が歪んでしまう場合があります。そのような時は、スーツケース自体が歪み、開閉が非常に難しくなります。

 

 

【表面加工・素材】種類別スーツケースレンタルの選び方!

レンタルスーツケースは素材の硬さでハードケースとソフトケースに分けられますが、それぞれさらに細かく素材の違いによって特徴が変わってきます。一般的にスーツケースの素材としては以下のものが挙げられます。

ABS樹脂(ハードケース)、アルミニウム(ハードケース)、ポリカーボネート(ハードケース)、EVA(ソフトケース)、ポリエステル(ソフトケース)、ナイロン(ソフトケース)

以下ではそれぞれの特徴について説明していきます。

ABS樹脂(ハードケース)

ABS樹脂はプラスチックを素材としたもので、現在のハードタイプのスーツケースの主流となっています。ABS樹脂は、スマートフォンケースにも使用してされているものであるため、多くの人が一度は触ったことがあるでしょう。

加工しやすいという特徴を持ちながら一定の強度を保つことができるため、スーツケースの素材として非常に人気なのです。またプラスチックであるため、見た目に光沢感があり、華やかな印象を持たせることができます。さらに素材としてもコストが低く、多くの会社がABS樹脂を使ってスーツケースを作っています

・アルミニウム(ハードケース)

アルミニウムは金属であるため、スーツケースの素材として使うと非常に頑丈なものが誕生します。アルミニウム自体が自動車のホイールやフライパンなどにも使われているため、スーツケースの素材の中でも強度は非常に高いものとなります。

例えば高級メーカーであるリモワのスーツケースはほとんどがアルミニウムで作られています。金属独特の冷たい光沢を放つため、スーツケースに高級感が出るのです。アルミニウムの特徴はなんといってもその強度の高さです。また高い強度を持ちながら金属としては軽いものなので、スーツケースの取り回しもしやすくなります。一方でデメリットとしては、値段が高くなりがちな点が挙げられます。

・ポリカーボネート(ハードケース)

ポリカーボネートはABS樹脂と似たようなプラスチック素材です。身近なところでポリカーボネートを探すのであれば、CDが有名でしょう。 素材自体が柔軟性を持っているためであり、硬度はないものの強度は決して悪くありません。アルミニウムよりは強度が落ちますが、ABS樹脂よりは強度が高くなるのがポリカーボネートの特徴です。

プラスチック素材なので非常に軽く、それでいて高い耐久性を持つため、どんな人にもおすすめです。一方でデメリットとしてはABS樹脂よりも高価なものであるため、スーツケースも高くなります。アルミニウムほどではありませんが、大型のスーツケースは結構な値段になるのが正直なところです。

しかしながら、軽さ、強度、値段と非常にバランスの優れた素材なので、迷ったときはポリカーボネートのスーツケースを選ぶのがお勧めです。

・ポリエステル(ソフトケース)

ポリエステルは化学繊維の1つです。ポリエステルで作られたスーツケースは、非常に軽いのが特徴です。さらに、ハードケースに比べて外観のデザインの自由度が高いのもポリエステルの特徴です。ポリエステルは洋服などにも使われますが、繊維の中で頑丈さが高くなっています。

多少の衝撃で破れるようなことはなく、一般的な旅行であればポリエステルで作られたスーツケースで全く不便はないでしょう。しかしながら、織り込んで生地を作っているため、本格的な雨が降ると雨水が中まで浸透してしまうといったデメリットがあります。

・ナイロン(ソフトケース)

ナイロンも化学繊維の1つであり、非常に軽いところに特徴があります。ナイロンは、ポリエステルよりも軽いので、スーツケースの素材の中で最も軽いものの1つと言って過言ではありません。またナイロン自体にも一定の撥水性があるため、多少の小雨であればスーツケースの中身を濡らさずに移動することが可能です。

さらに天然素材と比較すると頑丈さもあるため、一般的な旅行に使う目的であれば、ナイロンのスーツケースで全く不便はありません。

 

それでは、自分にあったスーツケースの種類を選んでスーツケースをレンタルしてみましょう!

スーツケースレンタルのおすすめランキング!

アールワイレンタル

アールワイレンタルはスーツケースレンタル会社の中で最も価格が安い会社です。

高級スーツケースブランドのリモワなどのスーツケースが200種類以上あるので、自分に合うスーツケースを見つけることができます。

レンタルの流れも非常にわかりやすいので、スーツケースを初めてレンタルする方はアールワイレンタルがおすすめです。

DMM.com

DMMは動画サービスが有名ですがスーツケースレンタルもしております。

DMMスーツケースレンタルはスーツケース以外の様々な旅行用品を合わせてレンタルでき、レンタルする度にDMMポイントが溜まるのが特徴です。

スーツケースレンタル業界の中では有名な会社なので、安心安全で口コミが良いです。

トラベル館

トラベル館はスーツケースレンタル業界の中でも老舗の会社なので、コアなファンが多いサイトです。

トラベル館の特徴は、旅行前日にスーツケースを自宅に届けてもらったとしても、旅行当日から料金が発生するので1日分お得になります。

また、電圧・電源プラグなどの細かい旅行用品も取り揃えているため、旅行先に合わせたレンタルが可能です。

-スーツケースの選び方

Copyright© スーツケースレンタルのおすすめ比較! , 2018 AllRights Reserved.